メタトロン・CS60による往診施術(福岡県・山口県)

福岡県・山口県出張往診

メタトロン+CS60

メタトロン(MT)

最高機種さくら 量子波動器

CS60

日本のヒーリングデバイス

山口県のメタトロンとは
山口県のメタトロンは、量子エントロピー解析による、未病の可視化・分析・セラピー

山口県のメタトロン(最上位機種)SAKURAとは

山口県のメタトロン(最上位機種)SAKURAとは

 山口県のメタトロン(MTR)とは、量子エントロピー解析による、未病の可視化・分析・セラピー機器で、ロシア人科学者のネステロフ博士が開発し、ロシア人医師のベラ氏が普及活動を行っております。

 この機器は、東洋医学の経絡の流れを測定したり、アーユルヴェーダなどの考え方をベースにして、世界最先端技術を取り入れて、全身の生体磁場エネルギー情報を読み取り、心身の健康状態を客観的に評価し
ます。

 山口県のメタトロンは、脳に送られる体の情報をキャッチして、不調なエネルギーと健康なエネルギーを測定し、パソコンの画面に分かりやすく表示します。健康問題の因果関係も分かりやすく予測出来、ホリスティックな見地から未病を防ぐための対策をとることが得意です。

 また、東洋医学の経絡の周波数をコンピュータ画面上に写し出す事もでき、それを見ながら患者様に分かりやすく治療方針のご説明をいたします。

 生体エネルギーがどの様な変化を起こしているのか、容易に見ることができ、非侵襲性で手軽にチェックすることができる画期的なデバイスです。

未病含む全身のエネルギー状態を可視化

メタトロン

山口県のメタトロンは体感してみないと理解できない世界かもしれません、量子エントロピー理論から形成されています。

※ 以下、V.I.ネストロフ講義より抜粋
量子エントロピー理論から以下の結論が導かれる:

  • いかなる物体も、それが生体であれ、非生命的なものであれ、周囲環境からの情報を吸収しながら、構造組織化のレベルを上昇させる。すなわち、より複雑に組織され、より安定化する。
  • 情報を失うあらゆる物体は同時にその構造組織化のレベルを下げ、安定性を下げ、より非組織的になる。生体に関しては、構造組織化(情報)の喪失は、その組織体の適応反応の低下、疾病の発展、そして最終的にはその組織体の死に表現される。
  • 情報を失うあらゆる崩壊過程にある物体の周辺には常に、背景的な情報ノイズが存在する。生体の崩壊が激しいほど、より急激に病気が進行し、その周辺の背景的情報ノイズのレベルが上昇する。このように、背景ノイズの周波数性質を計測することで、被験体のどのような組織がより大きな崩壊と変化を受けているかを判断することができる。

疾患リスクの想定・不調の根本的/体質的原因の分析

メタトロンSAKURA

疾患リスクの想定や、不調の根本的/体質的原因の分析、体質改善の為の食材や漢方等の個別相性テストにより、一人一人にあった体質改善・食養生の具体的メニューを考察します。